免許更新(門真)

10時30分到着。南側玄関から入場。
KIMG0157.JPG
① 受付。収入印紙購入(優良運転者は3000円)
KIMG0139.JPG
② 書類に氏名記入。アンケート記入。
KIMG0141.JPGKIMG0143-thumbnail2.JPG
③ 適性検査(視力検査。右、左、上、下のランドルト環式を三回)
KIMG0132.JPG
④ 暗証番号を設定(端末にて番号1と2の二つを入力)
KIMG0134.JPGKIMG0135.JPG
⑤ 7番窓口にて書類提出
KIMG0137.JPGKIMG0138.JPG
➅ 2階28番のホールへ(受け付けはなし。名前を呼ばれるまで待機。手に持つのは暗証番号の紙だけ。待ち時間は15分程度)
KIMG0147.JPG
⑦ 写真撮影(赤外線に暗証番号のバーコードをかざしたあと、着席。赤い点を見つめ撮影)
KIMG0146.JPG
⑧ 講習(優良運転者は30分)は別館2階第1講習室だった。

午前の講習時間は3区分。たぶん。
9時40分から10時10分。
11時40分から12時10分
12時40分から1時10分。


講習時間に合わせて逆算すると、10時50分到着目安。正確に計ったわけではないが、受付から7番窓口までが15分程度。二回の写真撮影が待機時間含め15分程度。11時5分ぐらいから食堂で休憩。11時到着でもぎりぎり間に合うかもしれないが、10分程度の余裕はみておくほうが賢明。今回、受講したのは11時40分からのものだけれど、開始20分前には座席を確保しておいたほうがいい。確保しておいてからトイレに行くなり、喫煙したりするが吉。11時25分に着席したが、その時点で9割がた席が埋まっていた。開始ぎりぎりでは後ろのパイプ椅子にしか着席できない。ちなみに第一講習室の定員は130名。会場入りする前に必ず更新時講習会場指定票をチェックすること。11時30分から10分間SDカードに関する説明。(これを持っていると車両関連の仕事において給料が上がるらしく終了後、意外に申し込む人が多かった)11時40分受講開始。スマホの電源を切るか、マナーモードに設定し、ポケットかカバンに収納。たった30分なので交通教本のさわり部分と事故の瞬間をとらえた5秒ほどの映像を観ただけ。(違反運転者は2時間)30分の講習後、名前を呼ばれた順に退席。免許を受け取る際に口頭で名前をフルネームで告げる。免許を受け取り、無事、更新終了。土日祝日と朝一を避けることで更新の手間と苦労は激減する。昼食時間を考慮すると11時40分からの講習がベスト。
KIMG0144.JPGKIMG0152.JPGKIMG0150.JPGKIMG0151.JPGKIMG0153.JPG
昼食は近隣のくらにて天丼。
KIMG0158.JPG
車で行く場合は敷地内に有料駐車場がある。30分200円程度だったと思う。詳細は公式ページにあるはず。近隣の100円ショップや商圏の駐車場は無断駐車を厳しく取り締まっているので注意。おすすめは昨年できた某リユースショップの駐車場。されど、ちゃんと買い物してから帰りましょう。後日談としては半パン、タンクトップ、草履履きといった服装で行ったが、写真撮影の際は半そでワイシャツにシャネルのネクタイをした。無論、下は半パンと草履なのでたぶん笑われていたと思う。しかし、首から下がいっさい写っていなかった。昨今の流れなのだろうか。ついでに、民間の運営に移ったときいていたが対応は一昔まえのものとさほど変わっていなかった。前よりはましかな程度。最寄り駅は古川橋でそこから試験場まではバスが出ている。むか~し一度だけ乗ったことがあるが、歩いていってもさほど遠くないので徒歩を選ぶひと多数。(駅から約1.5キロ)あと、別に南側玄関から入らなくとも収入印紙は買えるが順路に沿うほうがスマート。時間のあるひとは献血に協力すると、なおスマート。最後に受付時間は午前8時45分から午後2時30分まで。午後12時から12時45分を除く。