7月16日 午前中

宵山だ。いよいよ明日は祇園祭の最大の山場、さき祭りとなる。8時半からKBS京都で生中継されるが、ここ数年はずっとテレビのまえで観ている気がする。昨年だったか、一昨年だったかのこの日はちょうど祝日が重なり、すさまじい人出となった。熱中症で運ばれるひとの数もすさまじかった。今年はそのような気配がなく、熱波のなかを涼しい風が吹き抜けていく。雲は分厚い。せみもそろそろ本腰をいれはじめた。誕生祭もおわった。七夕もおわった。いよいよというか、平日の静かな昼下がりがガキどもで埋め尽くされていく。うっとうしい夏のはじまりでもある。うっとうしい夏のはじまりにしないためにも社民党にはここで滅びてほしい。そう、以前から疑問だったことがある。政党要件を満たすには国会議員5人以上といった規約があることを知っていたので、なぜ4人になった社民党が党首会談に出ているのだろうと不思議だった。調べてみると、5人以下でも直近の国政選挙で全国得票率が2パーセント以上あれば国政政党を名乗ることができるとあった。これで合点がいった。今回、2パーセントを割りこむと、事実上、社民党は消滅する。現在のメンバーをみて、しょうばくを思い出した。あるいはいいとも青年隊。又一党首。福島副党首。吉川幹事長。照屋国会対策委員長。又一党首は体調を理由に参院選出馬を断念した。替わりに擁立する6人の候補者のうち4人が女性だ。日本国中に吹き荒れたかつてのマドンナ旋風を巻き起こせるか。たぶん、起こらないだろう。女性といえば、今年、下半期の直木賞候補者がすべて女性という顔ぶれになった。明日の選考会をまじかに控え、どのような心境なのだろうか。個人的には原田マハ氏はとっくに受賞しているものだとおもっていたので意外なかんじだ。その他もおそらく錚々たるメンバー。おそらくというのは不勉強で存じ上げないという意味だが、それはよしとして、こちらも夏がきたなあって気がする。風物詩はいい。生を実感できるから。
posted by せつな at 10:35Comment(0)日記

7月14日 午前中

朝日新聞の社説がひどかった。まあ、ひどかった。原発ではないほう。南コリへのいわゆる輸出規制についてだが、論調が完全に向こうの言い分と一致している。まさにチョウニチ新聞の面目躍如といったかぎりだが、なぜこうも日本人の民意とかけ離れた駄文が曲がりなりにもニュースペーパーとして取り扱われているのだろうか。「朝日の読者は今回の日本政府の決定について何も中身を理解できないのではないか」と先日、誰かがいっていたけれど、同意する。98パーセントの日本人が南コリの主張を理解できないように朝日のそれもわからない。南コリの反論はまず相手を威嚇することからはじまる。そして、周囲にアピールする。最後に論理をすりかえる。これに疑問符をうかべるBPOだか朝日だか何だか知らないが、今般の事例を垣間見ると、この論理展開は完全に一致する。これでもかと符合する。嘘だ取り消せと恫喝した。続いて米国にアピールした。さらに半導体分野での危機感からだろうと論理をすり替えた。論理のすり替えは続く。子供だましの嘘もつづく。すぐわかる嘘をつき、その嘘をつらぬこうともする。見下げた集団だ。日本は安全保障輸出管理において、いろはにほへとで仕向地(輸出先)を分類している。もっとも安全度の高い国が、い地域。こちらには米国、英国、ドイツ、スペインといった主要国が名を連ねている。そこから一段ずつ、ろ地域、は地域、に地域、ほ地域、へ地域、と地域、ち地域と下っていくと、ち地域には北コリア、アフガニスタン、イラン、イラク、コンゴ、スーダン、ソマリア、中央アフリカ、リビア、レバノンと内戦および戦争の絶えない錚々たる国家の名前が登場する。いかんせん、いわずもがな、誰もが頷く国名にちがいないけれど、2019年7月1日、その下に新たに設けられた地域がある。すなわち、それが、り地域である。り地域には一カ国しか存在しない。そう、此たびの主人公、南コリだ。日本国および日本国民にとっての真の敵がこれではっきりした。シナ国ですら、へ地域だ。今朝の朝日の社説を書いた箱田てつや氏をぐぐってみたら、案の定の結果しかでてこなかった。経歴もすごい。この経歴で私は日本人ですといわれても素直にうなずけるひとは少ないだろう。年齢が54歳。ぼくらの世代は反体制なんたらといった役者が58歳。20代の7割が安倍政権支持。今後の展望を占う意味でも一週間後にせまった参院選が楽しみでしょうがない。
posted by せつな at 10:03Comment(0)日記