1月29日 午前中

奈良の観光バスの運転手が新型肺炎に罹患した。アホとしかいえない。誰がアホか。もちろん日本政府を取り巻く環境だ。この国に必要なのは革命だ。保身と搾取しか興味のない役人がいかに無能で非力か、今回の危機管理能力をみただけでもよくわかる。武漢から帰国する206名だかの日本人は帰国後、その時点でたとえ発熱していなくとも即、隔離してほしいと願っているそうだ。自分を発信源として拡散したくない、他人に迷惑をかけたくないという。しごくまっとうなこれぞ日本人というべきだが、シナ人にその発想はない。頭に残念ながら、とつけようともおもったが、別に残念でもない。コロナウイルスをバス運転手に感染させた観光客一行はその後、ディズニーランドに向かったそうだ。これ以前に厚労省が発表したメッセージは以下のもの。「シナ国内では人から人への感染は認められるものの、我が国では人から人への持続的感染は認められていません。国民の皆様におかれましては過剰に心配することなく――略」このようなずさんな防疫体制であれば、ウイルスが東京を駆け巡るのも時間の問題かもしれない。開き直って存分にパンデミックを楽しもう、というしか自分の気持ちを楽にする方法がない。なぜ、いつも苦しむのは庶民ばかりなのだろう。そういえば、四条大宮にあった立ち飲み庶民が京橋にできていて、これを関西有名ユーチューバーが紹介していたのだけれど、そのクオリティの高さに呆然唖然歴然とした。まず、キリンラガーの大瓶が350円。かつて、モルツ大瓶を350円で提供していたななつやを思い出したが、泉の広場再開発の余波で消えてしまったので救われる思いだ。難波店はまだあるのだろうか。大ぶりのサーモンの刺身が250円。五枚はあった。さて、11時にジムへ行くまでに片付けなければならないことがいくつかある。まず、このブログを終えて、昨日、買ってきた食材を整理する。ごぼう、たまねぎ、にんじんといったところ。あとは冷蔵庫をみなければわからない。続いてウエスタンブーツを買ったのでこれをミンクオイルで磨く。それから自転車のパンク修理をする。葉書はもう書いた。もうそんなに時間がない。今日も走ります。
posted by せつな at 10:19Comment(0)日記

1月28日 午前中

豪栄道が引退した。千秋楽前に決めていたという。精も根も尽き果てた。寝屋川の星はそう語り、静かに土俵を去ったのであった。完。おつかれさまでした。何はともあれ、春場所が楽しみだ。大阪に春がきたなあとかんじさせる季節。ああ、春ですね。大阪国際女子もおもしろかった。松田選手のゴールに不覚にも泣いてしまった。薫英に大阪学院大学と地元は活況だ。グランメゾン東京が終わって、その余波なのか、なんだかんだと料理界がさわがしいというか、カラーバス効果なのか、そういった話題が目に付く。昨日はフランス国内で日本人シェフがミシュランの三ツ星を獲得した。フランスでフランス料理で日本人が三ツ星を取るのははじめてとあらば、これを快挙と呼ばずして、快挙はいろいろあるけれど、快挙にもいろいろあるけれど、これも快挙であって、おめでとうございます。取る星あれば、失う星があるのも世の掟というわけで、これをいにしえびとは盛者必衰とか栄枯盛衰と呼んでいた。なにがいいたいかというと、リヨンのポールボキューズが三ツ星から陥落した。50年以上守り続けた三ツ星だったが、近年はもはやそのレベルにはなく、名誉的な評価が主だったともいうし、一昨年の逝去から2020年を迎えたここらで、すわ一転、フレンチにも新しい風が必要だったというところか。座右の書でもある佐原秋生氏の「美食学入門」を紐解きながら、フランス料理の歴史をおさらいしていると、何度となく出会った箇所にも新鮮で端麗なきらめきがあって、奥深さを思い知る。レニエール、サヴァランをフレンチの開祖とするなら、ポールボキューズは中興の祖といえる存在で、その後に続くロブションぐらいから日本でもフレンチが根付いていくのだけれど、個人的にはこのときの動き、というか、名称を知ったのは料理の鉄人が最初だった気がする。それ以前のグランドキュイジーヌをけん引したのが、先のグランメゾン東京でもなじみ深いエスコフィエであり、このオーギュストエスコフィエがホテル王リッツとタッグを組み、数々のフレンチの金字塔を打ち立てる。これを表してかの有名なセリフが生まれる。すなわち「帝王の料理人か、料理人の帝王か」という皇帝ヴィルヘルム2世の言葉だ。そして、このグランドキュイジーヌのあとを引き継いだのが先のヌーヴェルキュイジーヌであり、直訳すると「新しい料理」ということになる。ちなみにこのヌーヴェルは英語のニューの女性形であり、ボージョレ―ヌーヴォーのヌーヴォーはニューの男性形だ。料理が女性。ワインが男性。女性の料理と男性のワインが結びつくことからマリアージュなわけよ。よろしく。ヌーヴェルキュイジーヌの代表がポールボキューズであり、ほかにアランシャペル、トロワグロ兄弟、ロジェヴェルジェ、ミシェルゲラールの名前が挙げられている。ここにマーカーが引かれているところをみると、当時、最初に読んだとき個人的によほど重要なキーワードだったのだろう。つまり、このポールボキューズが54年の時を経て、長く守った三ツ星の栄誉から二つ星に降格し、日本人シェフが初めてフランスで、フランス料理で、三ツ星を獲得したという、まさにいま現在進行形でヌーヴェルキュイジーヌはさらなる進化を遂げている最中であり、今日はその区切り、時代を塗り替えた日。それが2020年の1月28日であって、ひとしおに感慨深い。堕ちる星あれば、昇る星もある。夜空に輝く星あれば、人知れず曇る星もある。新たな星の誕生に。そして、寝屋川の星に。
posted by せつな at 10:48Comment(0)日記

1月27日 午前中

起きたら9時だった。ひさしぶりにこんな時間まで寝た。昨日は予約しようとおもっていた焼肉屋がすでに満員御礼で来店したくば早くて22時というふざけた人気ぶりにすっかり落胆し、買ってきた総菜を缶ビールで流しこんだ。それでも呑み進めるうち、すっかり楽しくなってきて9時には寝ようと思っていたのが10時、気づけば11時と真夜中2時にソファで目が覚めた。酔い覚めの水飲みたさに酒を呑みという川柳そのままでごくごくごくと水を平らげると、ベッドに向かって即、眠りに落ちて、すると夢をみた。4階の学校のベランダから飛び降りようとしている夢で、飛び降りる前に目が覚めて、なんだか寒いなとおもったらふとんを蹴飛ばしていて、寒いはずだ。寒いと悪夢をみる。この法則はずいぶん昔に習得した習癖で、ぐっすり眠りたいときはできるだけ温かくして寝ると、熟睡できるのだけど、昨夜のように完ぺきな段取りを用いたとしても突然の身体の反抗により、ふとんが宙に舞い上がるわけで、そうすると、段取りはしょせん段取りに過ぎないのだということがよくわかる。人間、大切なのは本番だ。しかし、その本番にいたるまでは積み重ねた練習がものをいう。積み重ねた練習は俗に下積みなどとも呼ぶが、長いそうした修正に次ぐ習性と集成で終世を迎える寂しくも麗しい人生は、そう、人生とは振り返ればすべて練習だった気がしないでもない。それで、昨日の予約失敗も練習と思い直して、これを教訓にするならば人間としてまた一歩、歩を進ませることにもつながるので、なにも悲観することもないんだなこれが。それでも昨日は焼肉の口で、しかも七輪であぶられた焼肉をいただきたい口で無煙ロースターなどというまこと和牛をばかにした代物ではビールが進まぬわこのうつけが、と吼えたところで、周辺にて焼肉を供せられたとして炭で焼かれたとしてたとえおいしかったとしてそれは夢幻にすぎず、真っ白な煙のなかで肉をほおばり、野菜をつつき、きんきんに冷えたジョッキをぎんぎんに張り切った自分がますます一家隆盛と胸を張ってひじを張ってひじで這ってワンツーワンツー。
posted by せつな at 10:02Comment(0)日記