10月12日 朝

季節の変わり目になると風邪をひく。どんなに気をつけていても風邪をひく。酔っぱらって眠るからだとおもう。そうした日が年に一回はあって、その日が必然的に休肝日となる。吞みたくても吞めない。身体が受けつけない。共通するのは前数日間に体力をひどく消耗することがあって朝晩の寒暖差が激しい一日で大酒を飲んだ日。まさに今回が当てはまる。前々日にトレッドミルで1時間走った。久しぶりにオールアウト寸前まで身体を追いこんだ。翌日はブーツで街中をひたすら歩き回った。歩行距離は10キロを超えるだろう。夜は夜でいつものように限度を無視して楽しく飲んだ。気絶するように眠ったその翌日、目覚めたら喉に違和感があった。一瞬、飲みすぎたなと思ったが、ふしぶしが痛いことに気づいた。体温を計ると平熱をはるかに上回る結果が出た。やってしまった。それから今に至る。風邪薬はできるだけ控え、亜鉛とビタミンⅭをいつもより多めに摂取し、コエンザイムQ10をはじめとする家にあるサプリを総動員して安静にしている。治ったと思ったら、今朝はまた喉が痛い。がっでむ。さて、衆院選序盤情勢調査を各社が発表した。共通するのは自民圧勝と共産議席減という結果だ。共同通信でさえ自公300議席超えと報じている。これで株価は安定ラインを維持するだろう。シナと南コリアの通貨スワップも南コリの期待をよそに円満に終了した。一時は延長合意と報じた通信社もあったが、これは希望的観測を全面に打ち出して既成事実化を狙ういつもの姿勢なので完全に無視していたが、ふたを開けてみれば、やはり嘘だった。オリンピックを前に資本が逃げ出すのも時間の問題だろう。虚言と虚妄の国。もはや日本が関わることもない。

この記事へのコメント