7月3日 午前中

あまり知られていないが、というか、まったく知られていないが7月3日は通天閣の日だ。1912年、明治45年のこの日、初代通天閣は完成の日の目を見た。こういう機会もあまりないので、ついでに学習しておこう。通天閣の名前の由来は天に通じる高い建物の意で命名したのは明治の儒学者、藤沢南岳氏。1903年、明治36年の第五回内国勧業博覧会の会場跡地に一大娯楽地「新世界ルナパーク」が開発されるなかで、その中心地にパリのエッフェル塔と凱旋門を模した初代通天閣もつくられる運びとなった。内国うんぬんは先のせごどんで第一回のものが最終回で描かれていた――現在の万博みたいなもの。1943年の第二次世界大戦下に近隣施設からの延焼で初代通天閣は焼失するが、地元有志の働きかけによって1956年に再興を果たした。爾来、60有余の長きにわたり、大阪庶民の足元を照らす煌々たる存在として今もなおそびえたっている。公式キャラクターは笑顔のかわいいビリケンさん。初代通天閣の高さは諸説あるが、たぶん75メートルで二代目が108メートルと煩悩をほこっている。ちなみに全国の高さランキングでは京都タワーに次ぐ第8位でこちらも末広がりだ。現在の運営会社は通天閣観光。施工会社は奥村組。建築費の総額が当時のお金で3億数千万。現在の価値に直すと300億円ぐらいだろうか。内部構造は地下一階の五階建てで展望台からは当時のわが家が見渡せる。そう、1回だけ上ったことがある。2007年5月15日に国の登録有形文化財の指定を受け、晴れて日本国全体の財産と相成り、大阪庶民はもとより、全国から来阪する観光客や近年インバウンドでにぎわう外国人観光客にもその雄姿は際立っていて存在感を示している。大阪庶民にはなじみ深いがその雄姿は天気予報の役目も担っていて、そのネオン管はおよそ5年ごとに取り換えられていたが、2011年にはLED化され、消費電力を抑えつつも多種多様なイルミネーションを実現するにいたる。しかし、順風満帆にみえたLED人生もそう長くは続かず、昨年、9月の台風21号によって破損。現在もライトアップできずに近隣住民や観光客から街が暗いなどの苦情が寄せられる存在に成り下がっている。早く復活してほしいものだ。
posted by せつな at 10:25Comment(0)日記