6月20日 朝

なでしこ完敗。決勝トーナメントで輝けばそれでいい。今度は神奈川で実刑確定の男が逃走した。男は刃物を持っていて車で東名高速を西へ向かっているということだったが、実際は神奈川県内で車が乗り捨てられていた。舞台となった神奈川県愛川町では小中学生の登校時刻に合わせ、通学路の見守りを強化するという。一般市民の受難は続く。こうした事態の増加は今後も続くとみるか、対策強化でなくなるか。おそらく増える。急激な人口現象社会にあっても労働集約型の慣習から抜けきれていないからだ。人手に頼る時代はいずれ終わる。それを裏づけるデータのひとつが今度は高知県で発表された。県の総人口が戦後、はじめて70万人を割ったという。これを受けてなにか具体的な対応策があるかというとまるでない。なにもない。特にない。
posted by せつな at 06:43Comment(0)日記