12月28日 朝

フジテレビの月9ドラマが最低視聴率を更新して終わった。1度も観たことがないが冒頭で安部首相を揶揄するような演出があったと聞くだけで大体の想像はつく。製作陣の無能さはいうまでもないが、左派的な主張が濃ければ濃いほど視聴者は離れるという現実をおもいしってなお反省のない姿勢には呆れる。いまだそうした勢力が力を持っているのかと勘繰りたくなってしまう。どうせ政治を扱うのなら山尾しおり氏をモデルにした主人公のでたらめさ加減をこっぴどく叩くというドラマのほうがよほど当たる気がする。それをできないのが今のフジテレビのフジテレビたるゆえんかもしれないが、未来のないテレビに期待を寄せるのも馬鹿馬鹿しい。ここ十数年、視聴者、ひいては国民世論もそこそこ鍛えられてきたように感じる。とりもなおさず左派連中の楽観的思い込みと適当な未来予測が寄与した結果といっていい。かつて左派が唱えたボーダーレス社会は単純明快だった。貧しい国が富めば争いはなくなる。しかし実際はさらなる確執を生んだに過ぎなかった。国力の増大は傲慢に直結し競争の激化を呼んだ。その果てに新たなカテゴライズが構築され世界は再編された。ただ順位が入れ替わっただけで変わらずマネーゲームを繰り広げている。こうした状況を間近に垣間見ることのできるネット世代の自衛本能はイデオロギーが蔓延した70年代など及びもしないだろう。少数派と多数派の意味を正しく捉え自らの一票を投じる。そこには何の気負いもない。淡々と当たり前のことを当たり前にこなしていくだけ。こういった人たちが増えるとビジネスサヨクは成り立たない。どのみち社会構造を変えようなどと思っていない。そんな知恵もなければ予測もない。あるのは不満と憎しみだけで世の中を引っ掻き回したいだけの連中。民衆の敵がいるとすれば、まさしくこの手の集団でフジテレビのドラマの致命的欠陥はここにある気がしないでもない。観ていないので詳しく知らないが。確実に変わったなあと思うのは話題性のあり方だ。無色透明より嫌われもののほうが視聴率が稼げるといわれたのも今は昔。先日も正義のみかたを観ようとテレビをつけたが桝添氏が映ったとたんすぐに消した。統計を取ったわけではないが、こういうひとは多いのではないか。ながらテレビの視聴時間が減り、ながらスマホの視聴時間が右肩上がりに増加傾向というニュースが示すように取捨選択の自由は着実に広がっている。嫌な時間を惰性で過ごす必要はない。メディアが必死に煽る先般のサッカー、日コリ戦も視聴率は低迷した。代表の試合は欠かさない自分ですら観なかった。今後、観ることもない。勝っても負けても不愉快さしか残らないからだ。100対0で勝とうが100対0で負けようがどうでもいい。選択肢は観ないの一択しかない。テレビの視聴者数は確実に減ってきているが、並走するように世の中はどんどんおもしろくなってきている。純粋にデジタルコンテンツが発展したからだ。この流れはとどまることを知らない。テレビドラマが生き残るすべがあるとすれば答えはドクターxにあるのかもしれないし、再放送にあるのかもしれないが、ひとつだけいえるのは猛省なきフジテレビに明日はないということだ。いやがらせの数々を忘れるには日はまだ浅い。
posted by せつな at 07:20Comment(0)日記