12月25日 朝

12月25日の朝は毎年、幸福感に包まれている。今朝もそうだ。昨夜は明石家サンタを観ながらケーキを食べた。クリスマスが終わると途端に年末モードは進行する。世の中ががらっと変わる。「今年も押し迫ったねえ」「押し詰まりましたなあ」なんて挨拶がそこらじゅうで交わされるこの時期、ハードバップという雑誌をたまたま手に取った。サブタイトルが「走って叫んで転がってくぜコノヤロー!!号」とある。道楽というバイカー雑誌のまとめ本か何かで第一号発刊らしい。今後も発売されるのかもしれない。冒頭はヒロト。続いてギターウルフセイジ。おまけにニートビーツマナベとバイカーズロックファンにとってたまらないラインナップの目白押しといえる内容だった。特にセイジのブルーカラーのゼッツーは以前、youtubeで見たときも感じたが、あいかわらず輝いていて、限りなく透明に近いブルーといった風合いをかもし出していた。ほかにカワサキに特化した雑誌も置かれていて若いとき憧れだったゼッツーを6年前に購入したというおじいちゃんの写真が載っていた。ハーレーでツーリングするようなおじいちゃんではなく、農場で長靴を履いて田植えをしているような感じのひとがそのまんまの格好でゼッツーにまたがっていた。いかにも歯なしか入れ歯だ。昨今、ロックンロールも息が長くなってきて若造だけのアイテムではなくなった。ロックとバイク。共通するのは爆音だ。爆音に心躍らされる世代が今後も増え続けるのだろう。ちょっと前にある雑誌のインタビューで「おれ今日バイク」の歌詞について甲本ヒロト氏が説明していた。いろいろあるけど、バイク乗ってるからいいよね、というような解釈だったように記憶している。これが、よかった。つまずいたけどバイク乗ってるからいいよね、禿げてるけどロックしてるからいいじゃん、会社クビになったけどロックンロールだからさ、家ないけどバイクあるからいいかな。100万回くらいオーディション落ちてるけどバイク乗ってるからいいよね。バイトの面接通らないけどロックしとくわ、体重100キロ超えたけどバイク乗れるからさ、このままいくと肝硬変だってロックだよね。なんとでもなる。バイクとロックの相性は当然として、酒とロックのつながりも申し分ない。酔っ払ってのラモーンズバッキングは鬱にも躁にも効くすべての特効薬だ。パーカー風に表現すると、まったくこいつほど役に立つものはないな、の境地だ。飲酒運転と人身事故で免許を取り消されたことのある多くのはみだしもののひとりとして誓う。安全を誓う。バイクに誓う。風になっても星にはなるな。来年の目標は2りんかんで中古バイクを買うことだ。
posted by せつな at 08:30Comment(0)日記