12月19日 朝

師走のこの時期、気になるのはやはり宅配便の増加量だ。年々、右肩上がりに増え続け、毎年、過去最高を更新している。日経の記事によると、再配達を利用したことのあるユーザーは全体の8割に上る。現状では4割が再配達になるという。記事には過酷な運転手の状況が綴られていた。はっきりいって人間の仕事ではない。ただ、宅配業者に対する人々の認識も変わってきて、最近では、ねぎらいの言葉をかけられることも多いらしい。再配達を利用するユーザーのほとんどは宅配ボックスの必要性を実感している。現実的に設置が難しい場合、コンビニエンスストアの出番となるが、負荷が分散されただけで根本的な解決にはいたらないだろう。なぜならコンビニ店員の作業量もすでにいっぱいいっぱいだからだ。イオンもレジで預金の引き出しができるようになるというし、レジ業務の煩雑さは増すばかりだ。今月、29日にはアマゾンがデジタルデーなるものを実施する。これが宅配業者にとってどのように作用するかわからないが、アマゾンがなにかひとつ企画をたてるたび、運送の現場は戦々恐々といったところだろうか。新たな可能性を模索し続けるショッピングサイト各社だが利便性の向上がもたらしたのは更なる利便性の追求という笑えない現実を目の当たりにしてなお、ユーザーは向上を求め続ける。バブル崩壊に突き進んだあの当時のように。個人的にも年末はネット通販頼みなので今年は早め早めの注文を心がけている。18日発売の酒ほそ最新刊がその日のうちに届き、さい先がいい。わがまま、せっかち、注文好き、ただただ申し訳ないが、この調子で頼みます、というしかない。
posted by せつな at 07:18Comment(0)日記