10月19日 朝

遅ればせながらウルグアイ戦を観た。壮絶な打ち合いとスピードと仕掛けの連続。これで魅了されないわけがない。際立ったのはやはり中島しょうやの存在感だ。今更ながら先のワールドカップで呼ばれなかったことが悔やまれる。新10番の活躍が今後の代表を左右するといっても過言ではないかもしれない。そのほかの着目点として、会場が超満員だったこと、視聴率がよかったことの二点が挙げられる。特に会場の入りは重要だ。代表の試合で埋まらなかったのを見たことはないが、それでも今回の会場の一体感には迫力をおぼえた。場所は埼玉スタジアム。くしくもその翌日、同じ埼玉、こちらはスーパーアリーナでコンサートを中止した歌手がいる。沢田ケンジ氏だ。説明によると、単に会場がスカスカだったからだという。客席は可動式で1万人から最大で3万7000千人まで収容が可能。開演前にイベンターから集客状況を9000人と聞いていたが、実際は7000千人ほどで、リハーサル時に客席がつぶされているブロックが目立ったことに腹を立てたという。この経緯について、じっくり詳細を眺めていると、男気というか、本物のスターの意識が感じられ、好感をおぼえた。正直、70歳で7000人の集客というのも大したものだと思うが、イベンターに土下座で懇願されても最後まで首を縦に振らなかった態度はすごい。「ライブをやるならいっぱいにしてくれ。無理なら断ってくれ。僕にも意地がある」キャパ150人程度のライブハウスでバースデーを祝う往年のスターだらけの現状で7000人を足蹴にできる。違約金や派生金を考えたらおそらく多くのスターはいやいやでもやるだろうところを断る。本物のバカをみた。だが、本物はいいものだ。男ならこうありたい。コンサートの集客について、以前、こち亀で詳しく知った。こういうからくりがあるのか。たとえば、前売りが一瞬でソールドアウトになる仕組み。ファンクラブ会員や過去のデータからある程度、客数は把握できる。これを踏まえて予測より少なく発売する。売り切れたのち、追加チケットを発行する手法。これは常套手段で、先の会場を可動式にする理由もこれに準じている。埋まらなければ障害物を置いてそこはライトが当たらないようにする。客側からしてみれば視線のほぼすべてはアーティストに注がれているわけで、オオバコであればあるほどそこまでは気にならない。だが、演者側からしてみれば、気分に相当のムラがでることはわかる。やってみれば、わかる。客なんか関係ない、と強がってみても客がいなければ、これは映画みんなの家から表現を拝借すると「アーティストは作品が売れなければただの変人だ」ということになる。つまり、客あればこそのアーティストともいえるわけだ。日々ロックのいちシーンで無観客ライブをやり続ける主人公がいつしか客の大切さを身を以て知る。何度もいう。お客さんあればこそ。地下アイドルってあらためてすごいなと感心する。人気皆無で誰にもまったく相手にされなくても毎日しつこく生配信するpunk歌手にも感心する。

10月18日 朝

そのたくさんが愛のなかが最終回を迎える。あ、というまの40話だった。サラリーマン拝が予想よりずいぶん早く終わったので、はじまった当初はこの大型連載のためだったのかと合点もいったが、拝より短かった。結局、権田はなんだったのか。よくわからないまま終わりそうだ。作者の吉田聡氏のツイッターをみるとその左巻き加減は容易にくみとることができる。氏のすぐれたところはそういった思想を作中には決して漂わせないところだ。この手法は京極夏彦氏なども持ち合わせている特異なもので、ひじょうに抑制的である。雁屋哲氏、うえやまとち氏などグルメ漫画家が作中に思想を持ち出すととたんに萎える。どんな思想を持っていてもいいが作品を彩る通奏低音はあくまで不穏であってはならない。そういう意味では芸能の分野はひとしくこれに尽きる。沢田けんじ氏がコンサート会場で原発反対の署名を実施しようとしたとして会場貸与拒否の憂き目にあったというし(誤報)亡国のガキタレは原爆きのこ雲のtシャツを着て批判を浴びているという。どこもかしこもはくちだらけだ。主張は扇動であってはならない。清き一票がすべてだ。
posted by せつな at 07:23Comment(0)日記

10月17日 朝

サッカーがはじまる前に寝てしまった。何たる不覚。何たる不運。しかも4対3という劇的なスコア。野球ならルーズベルトゲームだ。南米の強豪ウルグアイを相手に勝利を収めるという小躍りしたくなるようなゲームを見逃した理由は、そう、酒と睡眠不足だ。いつもこれだ。わかっちゃいるけどやめられない。すいすいすーだらだったすらすらすいすいすいすーいすいすだらだったすらすらすいすいすいすーいすりすーだらだったすらすらすいすいすいすーいすーいすーだらたったすらすらすいすいすいすいいすーいすーいすだらだったすーだらだったすいすい。新生ジャパン負けなし絶好調を横目にかつての王者ドイツが絶不調に落ち込んでいる。フランスに負け、これで公式戦4試合勝利なし。国情も暗く沈んでいるし、今朝の陽射しのように没落の斜陽といったところか。そういえば、昨日、昼食時に何気なくテレビを観ていたのだけど、太宰を取り上げていた。太宰が甥っ子にいった言葉が身に染みた。教養というのは学識を指すのではない。他人の苦難に敏感なひとこそを教養人という。この考え方はすべての人間にとってプラスに作用するはずだ。情けはひとのためならず。この言葉の本意を多くのひとがはき違えているという調査結果をかつて何かで見知ったが「情けはそのひとのためにならない。突き放す非情さこそが必要」こう解釈するひとが多かった。先の三田佳子氏の次男覚せい剤事件などをみると、まさに当てはまる。しかし、本意は袖振り合うも多生の縁に近く、ひとにかけた情けはめぐりめぐって自分に帰ってくるというものだ。落語の唐茄子屋政談の下げにこの言葉が使われているのをふいに思い出した。武士の情け。女は武士ではないのでこれがない。あいつ嫌い、嫌い、大嫌い。あいつ嫌いだけど優秀だよな、くやしいけど認めざるを得ないな。この違いだろうか。先の、女は武士ではないので――の部分は柳沢きみお氏の言葉だ。追記。本日、なんばスカイオがオープンする。すぐ近くに住んでいたので感慨深い。青春が終わって人生がはじまった感じ。
posted by せつな at 07:59Comment(0)日記

10月16日 朝

世界食料デーだ。国連の報告書によると2017年、世界で8億2100万人が飢えに苦しんでいるという。そのうち、日本の人口に値するぐらいの膨大な人間が明日の食べ物にも事欠く深刻な事態と化している。普段、何気なくいただいている食品の多くはそのほとんどを味覚と栄養素、見た目といった派生要素によって判別している。信長のシェフだったとおもう。あの時代にそうした概念はとぼしい。食べられるだけで幸せだった時代だ。国連食料計画の日本支部はsnsを使った食料支援キャンペーンを行っている。詳しくはホームページへどうぞ。
posted by せつな at 06:07Comment(0)日記

10月15日 朝

いろいろニュース盛沢山ではじまった今週。まずは日経平均から。こちらは続落。日経225のなかでイオンんのほかに二つか三つしか赤くなかった。いやはや。ブラックマンデーとはまではいかなかったが、弱含みの展開はしばらく続きそうだ。来年の10月に消費税が10パーセントに上がることを政府が明言した。黒田日銀総裁は景気に影響はないと強気だが、もう日本人のメンタルは崩壊寸前のところにまできている。いかに稼ぐかではなく、いかに支出を減らすか。未来をけん引するはずの若者の考え方に出世の文字はない。人生を構築するのは自分の世界観であり、他人のために費やす時間をどれだけ削れるか。関心事はそれだけかもしれない。あいかわらずアホのはくち国家ぶりをみせつける南コリについても言及しておこう。他国に自国旗と南コリ旗しか揚げるなと要求しておきながら自らは鬼島津に屈したできそこないの敗軍の将の旗を揚げる。おひざもとの保守系新聞からも現政権に悲観的な目を向け始めたようであるし、日本としてはいつものごとく助けない、教えない、関わらない、近づかない、しかし、注意深く観察だけはしておくを貫いていればいい。10月も半ばに差し掛かり、そろそろ冷気を肌で感じるようになった。本日、夏の敷物をしまい、冬用に変えた。ムートンのような肌触りで、ということはムートンではないのだけれど、ひじょうに座り心地がいい。今年は秋がなくそのまま冬に突入すると気象予報士は伝えるが、季節が変わったことを実感する瞬間はいつも自分の身の回りからやってくる。身の回りからというのはとても重要な観点で、政府は(面倒なので詳細は割愛してざっくりいうと)移民国家を目指すという。これを体感するのはいつだろうか。消費税が上がる。人手不足倒産が過去最多ペースを記録。単純労働にも移民が派遣される。経済視点でみるべき国家像はもはや終わったのだ。日銀総裁や政府首脳がこれを身の回りから体感するのはいつだろうか。ひとつだけ確かなのは隣の住人がシナ人になって気づく庶民の苦悩よりもはるかに先にあるということ。昨日、天一で人生初あっさりを経験した。あっさりおいしかった。天一あるある。「あっさりをいただくつもりでこってりを注文してしまう」を打ち破った刹那だった。打ち破ってこそなんぼですわ。
posted by せつな at 10:39Comment(0)日記

10月14日 朝

いきなりステーキが苦境に立たされている。近隣に着席形式の店が一軒できたけど、正直、魅力をかんじない。ましてや立食形式など需要はあるのだろうか、前から疑問だった。米国進出もこけたようであるし、曇り目にもようやく実態が映りだしたというところか。ここの母体はたしか幸楽苑という激安ラーメンのフランチャイズシフトであると記憶しているが、時代の趨勢は変わった。激安店も値上げせざるを得なくなり、軒並みそうした店は業態替えを余儀なくされた。その時期が今から3.4年前。2014年の消費増税とアベノミクスによる株高と人件費増、円安による材料費増と目まぐるしく環境は変化した。激化といってもいい一連の流れはさまざまな災害被害もあり、さらに強まる。2018年を振り返ると、あとから、ああ、あの年だったな、と感慨深いため息をつくかもしれない。外食チェーンの価格帯に敏感な層がいっそうの増加をたどるのは火を見るより明らかだ。人件費増、材料費増の圧迫から値上げせざる得ない台所事情もわかるが、そうした機微に庶民は無関心だ。吉野家のような大手にしろ価格帯の見直しは直撃をくらうご時世。ケンタッキー・フライド・チキンといえばファストフードの代名詞的時代もあったが、価格増がなくとも価格帯の見直しはもはや経営母体をゆるがすほどの問題となっている。手軽な食と値ごろ感は今では平衡していない。最近ではスシローにそうした傾向がみられるが、安ければ安いほど繁盛するという近頃の法則は景気刺激策とも釣り合っていないように感じる。結句、庶民の意識変革といっていい。日本の繁栄を知るかつての層とこの20年を体感して育った層ではまるで違う経済感覚を持っている。ラーメンを100円で提供する西成のとある店をユーチューブでみたが、驚愕の一品だった。撮影者もいうようにとても100円で提供できるラーメンには見えなかった。チャーシューは入っていなかったがその代わりにピータンが浮かんでいた。ウツワも普通サイズにみえた。これで締めて100円。西成という特殊性はあるにせよ、時代は変わった。
posted by せつな at 07:58Comment(0)日記

10月13日 朝

モスバーガーが自滅の道をたどっている。御都合主義と事大主義にまみれた亡国に未来はない。にも拘わらず自国に甘え他国を慮る背景には気づかずうちの感染もあるのだろう。細菌はいたるところに存在し、飛びつく瞬間を窺っている。手洗い、うがい、除染、なにより予防が大切だ。助けない、教えない、関わらない。そして、近づかないこと。これ重要。そういえば唯一逃げ切れると思われていた李あきひろ元大統領に懲役15年、罰金13億円の判決が下った。全世界でもっともリスキーな職業。それが南コリ大統領といわれ久しいが、結句、この法則から逃れることはできなかったようだ。朴前大統領が懲役25年、罰金20億とこちらも凄まじいが、どこかの女優のようにキャッシュでぽんと支払うことは可能なのだろうか。1000年の恨みも今となっては懐かしい。あと、990年ぐらいか。逃れることができない宿命のひともあれば、どうにかして逃げ切ろうと悪知恵を働かせるのもまた人間というもので、お次は大学の奨学金返済に関するニュース。大学在学中は奨学金の返済が猶予される制度があるらしく、これを利用した裏技が紹介されていた。要は大学卒業後に学費の安い通信制大学に鞍替えし、返済を伸ばし続けるという方法で、別段、違法でもなく、このやり方を利用するひとは多いという。九州に住む30代の男性は私大在学中に日本学生支援機構から700万の奨学金を借りた。返済額は月3万円。だが、制度を利用し、この六年間、払っていないという。なるほど。安い通信制大学を選び、科目履修生にでもなれば条件を満たし、返済額よりもかなり安くあがる。しかも資格取得にも有利とあれば、活用しない手もないようにおもう。在学期限は当然あるが、同じ大学に入りなおせば再び入学金を支払うこともなく済む。欧米ではリカレント教育といえば、ごくごく一般的で、日本もようやく最近、生涯学習と称して少子高齢化の現代に焦点をあてはじめた。一般の大学のように124単位そろったとしても単位取得が在学の条件ではないこうした機関では在学期限のぎりぎりまで在籍することもでき、何度でも入りなおすことができる。支援機構の条件で本人がなくなれば返済が免除されるという条項があるので、この世の終わるそのときまで在籍していればいい。必ず免除される。日本の場合、奨学金とは名ばかりで実際はただの借金に過ぎない。それでも一昔前までは学士様といえば、その後の輝かしい未来が保障されていた時代もあるので制度の活用は是非でもあった。しかし、今は率直にいってリスクでしかない。社会に飛び出すスタート時点で700万の借金を背負わせるシステムはそもそもおかしいという前提に立ち返ったのち、返済延滞問題を語ってほしいものだ。
posted by せつな at 06:58Comment(0)日記

10月12日 朝

夜中4時ごろまでダウの動きをみていたが、今朝は結局、下げ幅を広げて終わった。前日比で2.13パーセントダウン。三日続落と相成った。どうせプラテンで終わるのだろうと鼻で笑って寝た連中の目覚めはいかがなものか。当初は楽観視する向きもあったが、ヴィックス指数のこの急上昇たるや投資家心理は相当悪化していて、どうやら単なる調整とはいえない様相を帯びてきた。今日はもとより月曜日こそにその答えが紐解かれる。くしくも10月の月曜日。世界同時株安の流れが加速すれば市場は神のみえざる手を待って傍観するしかない。月曜の朝、いたるところで電車が止まらないことを祈るのみ。10月16日。一風堂が感謝祭と称して無料ラーメンをふるまう。実施店舗は国内32店舗とニューヨーク店で、調べてみたらエキスポシティは実施店舗に入っていなかった。もっとも近場で池田か梅田。残念。最寄りのかたはぜひおでかけを。昼夜330杯、計660杯の限定で白味もとあじと赤丸しんあじのいずれかひとつを選べる。また、1年間有効の替え玉年間パスポートも配布されるというから近ければ行かない手はない。そういえば天下一品祭りの無料券があった。顔がにやける。16日から19日までマクドナルドも無料コーヒーがふるまわれる。午後3時から9時まで。こちらも残念。すでにアルコールタイムだ。株価に一喜一憂するいっぽう庶民は庶民の暮らしをそつなくこなすだけで、得てしてシンプルなライフスタイルというものは砕けにくいものだ。砕けにくい生活。地に足をつけた生活。これを日本人はバブルによって学んだ。かみじょうたけし氏のジェイコムの今週号でそうした年配男性が登場する。バブルに学んだ。あれがあったからこそ西川きよしさんではないが、小さなことからこつこつとが身に染みる。このようなことをいっている。たとえ暗黒の月曜を迎えようとどしんと構えていよう。びびることはない。もうそういう過渡期は過ぎた。今を大切に。
posted by せつな at 08:31Comment(0)日記

10月11日 午前中

FBI長官が10日、上院安保委員会で以下のように証言した。「シナは11月の米国中間選挙を前に全米世論の捜査を画策し、前例のない活動を展開している。米国は多くの点で最も広範かつ複雑で長期的な諜報防止において最大の脅威に直面している」シナによるハニートラップや要人の買収、諜報活動はわが国においても現在進行形で活発に行われている。沖縄を例に挙げるまでもなく、一般社会においても日中友好を謳う催しは年中行われており、なかには露骨なまでの印象操作も見受けられる。USCCによると、こうした工作活動は統一戦線工作、または統一戦線活動と呼ばれ、共産党統一戦線工作部が主に担当するという。具体的には敵を味方に引き込み、同じ戦線に立たせることを意味する共産主義陣営が好んで使う言葉で、わが国において、こうした活動は一定の効果を上げたとみていい。根拠の一部には例えば、留学生による犯罪を地方紙で見聞きするたび、どうしてこれが全国ネットで報道されないのだろう、新聞の社会面でみかけないのだろうと疑問に思うことが何度かあった。その中には目をそむけたくなるような残忍な事件もある。数日は様子をみたが結局テレビニュースで見かけることはなかった。大阪市内に住んでいるころはケーブルテレビでなぜか朝日パックインジャーナルだけが無料で観れた。番組内容はことごとくシナにすり寄った内容ばかりで、あの当時、自分を含め、かなり多くの人間に影響を及ぼしたように感じる。現代の戦争とはサヨクが連呼するようなかつての戦争を想起させるものではない。いつどこで起こるかわからないローンウルフ、ホームグロウン型のテロであり、24時間絶え間なく続く世論操作の工作活動であり、繰り返し繰り返し扇動する思想洗脳であるのが現代の主軸だ。先日、昼のニュースで朝日の番組だけがテイラースウィフト氏の民主党支持を紹介したが、これにも違和感をおぼえた。共和党支持を打ち出した著名人だっていないわけがないだろう。なぜ、ひとりだけ、なぜ、昼のニュースで、ホワイ???????されど、このホワイ?はいい習慣だとおもう。近所を散策しながら、ふ、と思ったのだけど、疑問を持つからこそ、解決にいたる。あるいは連想をつなげる。よくも悪くも一般の米国人の資質を紐解くと単純だ。はっきりいってバカだ。宇宙船を飛ばす天才がいるかとおもえば、しきもうもいるのが米国だ。上位と下位の格差が日本とはけた違いに激しい。そして、僭越ではあるが、どちらかというと後者の割合が多い――それが実情ではないだろうか。日本人の人的資本指数(労働スキル)は全世界で5位だ。一位は北欧のノルウェーかフィンランド、スウェーデンのあの辺りと記憶しているが、このランキングの20位までに米国の文字はない。以前、北コリアの労働者スキルを経済学者の三橋氏が解説していたが、機械のオン、オフも理解できない一線の労働者がいるという。だから同じアジア圏でもベトナムやタイなどが重宝すると。かような論法だった。一般的な米国人の知的好奇心を鑑みるとき、多くの価値観は資本主義的価値観に偏っている。快適で自由奔放な暮らし、買いあさり、使い尽くす、歯止めの効かない欲望。この価値観を育む土壌があのような信じられない肥満体を作り上げるのだろうが、シナ国が日本で繰り広げたような諜報活動を積極的に行えば、効果は火を見るより明らかだろう。いくら長期的諜報活動防止を展開しようとも先の長官いわく最大の脅威は米国本土を覆い尽くすに違いない。例の姉妹都市の一件で最近のサンフランシスコの事情を調べてみたが、ものの見事にシナ資本が背景を占めていた。ロビー活動というようなレベルにはない。ちょっとネットで調べてみただけでこれだ。実際の汚染はこんなものではないだろう。米国のもろさはここにある。外敵に対する強さは全世界が認めるところだが、内部構造の脆弱さが移民国家の言わずもがな、危急存亡の秋といったところだろうか。急に寒くなった。うすら寒いというべきか。
posted by せつな at 11:07Comment(0)日記

10月10日 午前中

世間は築地やら豊洲やらと騒いでいるが、そのいっぽうで日本の食文化のいっそうの破壊が進んでいることはあまり報じられない。なんか文章が変なのだけれど、寝ていないこともあり、面倒なのでこのまま進める。日本の食を彩る捕鯨。先のIWC総会の総括が永田町の自民党本部で行われた。総会に実際に出席した自民捕鯨対策委員会委員長である浜田氏は以下の見解を述べた。「結果は想像通りだった。『商業捕鯨』という言葉だけですべてが否定されるので、もう何かを合意できるような場ではない。この会に正当性はあるのか、脱退を含めて考えるべきだ~長年の状況から結果が分かっているうえ、総会が終わってすでに2週間がたっているのに政府はまだ方向性を示していないことが不満だ。もっと建設的な話をするつもりで開いたが、これでは会を開いた意味がない~今後、外務省の取り組みが重要になる」 浜田氏の不満はもっともなところで、この感触は日本人の矍鑠たる思いにも通ずる。夏の肴におばけを欠かさない自分などは鯨と聞くだけで酒を呑みたくなる。赤み薄く削ぎ切りショウガを添えて膳に並べる。もうこれだけで一升は呑める。長年、日本の食卓に欠かせなかった味覚の一端が欧米人の高慢ちきで横暴で居丈高で狡猾で高圧的な振る舞いによって絶滅しかけている。絶滅すべきは白人どもと思い知るべきだが、しかし、この論争は南コリ論争と同様で正論は通用しない。正論によって相手を言い含めることはもはや不可能と悟ろう。これは会合ではない。宗教なのだ。脱退を含めて、とあるが、答えは脱退にしか、ない。鯨はダメで牛やブタならいいとする論法は彼らの嫌うナチスドイツの選民思想でしかない。改めていう。これは宗教なのだ。九条教をはじめとする過激思想と似た教団だ。教団には日教組教という教えもあり、これは最近、吹田市の信者が中学生教師をよそおって布教活動にはげんでいる。宗教を相手にするとき、理論武装したところで詮無い。力でねじふせなければ邪教はふせげない。叩き潰せ。ひねりつぶせ。打ち砕け。ぼっこぼこにやってまえ。
posted by せつな at 09:55Comment(0)日記